絶滅危惧種「かな入力野郎」とか、ブラインドタッチの練習方法とかの話

「別に危惧してない」

とミもフタもなく言われそうですが、私はかな入力野郎です。周りを見回してもそうそうはらからには会えません。

名古屋でそこそこの年数ITエンジニアをしてきましたが、IT業界内でももうかな入力の人は少なかったです。若い衆は皆ローマ字入力。

年配のエンジニアの中で数名、かな野郎にお会いしたことはありますが、肌感覚だと九割五分はローマ字入力野郎じゃないですか?

そういうわけなので、私の専用機に他人が座ると常に呪詛の声が届くわけです。

なんせ、キーボードという、重要なインターフェースとの意思の疎通の手段が失われるわけですからねえ。いつものようにローマ字を打ち込むと、

「のらみみみにそくにてち」

とかいう謎の言語が表示されるわけです。(ちなみに、上記文字列は「こんにちわ」とかな入力モードのときにローマ字タイプした結果です)

タイプして、

「ぎゃーーなんじゃこりゃ」

なら可愛いものですが、私の顔をちらっと見て

「ちっ」

と呪いの視線を送られたときなんかには、迫害されるマイノリティの気持ちの一端が理解されました。少数派には優しくしようと思いを新たにする次第です。

そもそもなぜ私がかな野郎なのかというと、小学生の時に初めてPCを触ったとき、父から「かな入力の方がいい」と言われて以来です。

小学生時代はずっとキーボードを見ながらタイピングしてきましたが、中学生に上がって、「俺って将来ずっとPCと関わって生きていくんだろうなあ」というビジョンが見え始めたとき、ブラインドタッチを覚えました。

ブラインドタッチの練習方法は、ディスプレイの横か下、キーボードが視界に入らない範囲のところにキー配置図の紙を貼って、あとはキーボードを見ないようにひたすら文章を打ち込むだけですね。

何ヶ月練習したか忘れましたが、とりあえず、人が話す速度と同じ速度でタイピングできるところまではやりこみました。

まずは毎日一時間タイピングすること。日記でもいいし、私の場合はエッセイともつかず、日記ともつかず、、、みたいなのを書いてました。文章力も上がるから一石二鳥。

小説の写経なんかもやりました。見開き1ページを何分で写経できるか、とか。

次にテレビ・ラジオの音声をタイピングします。

漢字変換の正確性や、タイプミスはあまりきにしないで、とにかくキー配列を覚えること。覚えちゃえば、正確性なんかはあとでどうともなります。

と、ここまで書いてきて、そういえば最近は「キーボードタイピング」に関するトピックスを耳にすることがなくなったなー、と。一昔前なら「キー入力能力向上」みがいなワードをそこそこめにしたようなきがするんですが。

まあ、最近の大学生も「キーボード打てない子が多い」っていう話も聞きますし、個人情報端末がPCからスマホやタブレットに変わってきて、キーボードの必要性が薄れてきたのは確かにあるんでしょう。

必要なものが流行り、不要なものが廃れていくのは世の常ですが、絶滅危惧(されてないかも)者の願わくば、かな入力を使ってる人の最後の一人がいなくなるまで、日本のキーボードから「ひらがな」が消えてしまわないことを望みます。